『タスマニア人の友人と敵』

  • 2010.10.25 Monday
  • 08:59
女今日ご紹介する本は、可憐なボタニカルプリントでファンの多い女流植物画家トワムリーのめずらしい本です。





ルイザ・アンヌ・トワムリー
1812年、英国バーミンガムに生まれたルィーザは、母親によって教育され、自立した女性に育てられ、革新政党であるチャーチスト党を支持するいくつかの新聞記事を公表しました。彼女十代で卓越した詩人、作家、植物学者で芸術家でした。彼女の処女作「詩集」1835年刊行には、彼女のデザインした銅版画の図譜が記載されました。他に彼女の刊行本には、「自然のロマンス」(1835年)、「野草」(1839年)、「花の宝石」(1839年)があります。その2冊中でも人気の高い花言葉の本に登場する彼女の花束調でセンチメンタルな詩的図譜が記載されています。

1839年ジョージ・メレディスと結婚後に、夫婦で当時まだ未開の英国植民地オーストラリアへと移住しました。 ルィーザは、植民地の生命体についての観察や、および田舎の植物や動物に関する研究に変わって、書き記述しスケッチを継続しました。彼女は、「ニューサウスウェールズの記述およびスケッチ」(1844年)を刊行しました。それは、彼女の率直なコメントにシドニーでは、批評家たちを怒らせましたが、本は広く読まれました。「タスマニアの友達および敵対者」(1880年)、「タスマニアの田舎の友達」(1891年)には、その地域の植物や動物達を自ら描いた色付き図譜が記載されています。 彼女は、タスマニアで家族を育てながら、7冊の詩集や数巻の日記や小説を出版しました。彼女の野草の図譜は、オーストラリアと英国の展示で賞を受賞しています。

こちらは、上記の「タスマニアの友人と敵対者」1880年ロンドン刊行です。
結婚後ルィーザ・メレディスになってからの書ですのでメレディス著になっています。

















スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 08:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM