『小さなバレリーナ』 第56話

  • 2010.10.13 Wednesday
  • 11:13


(55話のつづき)




56話    60p


エステルのお気に入りは、海の近くの崖の端に座ることでした、でも彼女は、幸福ではないからではありません、みんな彼女にとっても親切にしてくれました、でも彼女は、今では彼女への愛は、倍増し愛する両親との抱擁の時を待っていたのです。

新鮮な空気と親切な言葉、やさしいおもてなし、栄養ある食べ物が、小さな少女のほほをバラ色にしました、そして、彼女は生き生きとしていき、そしてその家のおともだちと一緒にいることで幸せにあふれた表情になりました。

彼女は、みんなに愛されました、彼女のわがままでなく、気建ての良いところからです、天の神様を尊敬した学びと日々の罪の心に対する悔い改める努力の結果からです。

ジュールとルィーズは、キングストンから裁判所のあるサバンナ・ラ・マーへと送られていきました。




(57話へつづく)ジョギング

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 11:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM