ルドゥーテ物語 第十六話

  • 2009.12.24 Thursday
  • 13:51
(昨日につづく・・・)





ある日、マルメゾン宮殿のすべての人々が悲しみと心配にくれました。
后ジョセフィーヌの病気です。
彼女は、ルドゥーテを呼びましたが、のどの病気がうつるのを恐れて近くに寄らないようにいいました。
2日後、ジョセフィーヌは、亡くなりました。ルドゥーテは、深い悲しみに嘆きました。





ルドゥーテは、彼の悲しみを、バラを描き続けることに専念して癒してゆきました。
7年間を費やした本は、彼の最高傑作となりました。
人々は、ルドゥーテを「バラのレンブラント」、「バラのラファエロ」と賞賛しました。



(明日につづく・・・・・)ジョギング

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 13:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM