ついに〜

  • 2018.06.23 Saturday
  • 11:51

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

アイルランドの巨人さんが、ついに200年後、博物館の陳列から消え埋葬される可能性がでてきました〜

 


 

ロンドンのハンター病院解剖学博物館の中心である「アイルランドの巨人」

 

 

スケルトンはチャールズ・バーン(Charles Byrne)(18世紀の男性)のもので、遺伝的に巨人性を持ち、彼は2.31メートル(7フィート7インチ)以上の高さに成長しました

 


 

 

 

 

 

バーンは1761年に生まれ、名声と財産を見つけるために10代で故郷を後にしました

 

イギリスの北部を「好奇心の行為」として旅行した後、彼はロンドンで有名人になり、ジャイアント・コーズウェイと呼ばれるパントマイムを鼓舞し、ロンドンのチャリング・クロスのアパートに移りました

 

 

しかし、すぐにバーンの人生は下り坂に入っていきました

 

彼の人生の貯蓄金がパブで盗まれてしまいました

 

彼はひどく飲み始め、結局、結核に罹り、22歳で死亡しました

 

死に至る前に、バーン氏は、墓場の遺骨を掘り起こして医療施設に売るのを防ぐために、鉛の棺に海に埋葬されていることを友人にたのみました

 

 

その時の新聞は、「外科医の全員集合で、彼の家は巨大な猟場となるだろう」

 

バーンの海への願いを守るべく、彼の友人たちはマーゲートで海への埋葬を手配しました

 

しかし、おそらく、死体を整えるために葬儀師に渡した後、賄賂が渡り、先駆的なスコットランドの外科医と解剖学者のジョン・ハンターがバーンの遺骨を取得しました

 

 

4年後、この骨格はハンターのプライベートコレクションに現れました

 

それ以来、英国王立外科大学運営するハンター病院解剖学博物館では、この2世紀の間、多くの人々のために公開されました

 

 

 

 

 

ハンター博物館は2021年まで閉鎖され、チャールズ・バーンの骨格は現在展示されていません

 

ハンターコレクションの理事会は、博物館の閉鎖期間中に倫理性を考慮してスケルトンの埋葬を検討中だそうです

 

 

スケルトンが解放された場合、一部の委員からは、北部アイルランドに戻し、バーンの故郷の村の近くに埋葬されるべきだと提案しているそうです

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 11:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM