1300年後に・・・・

  • 2016.06.12 Sunday
  • 09:47


ライデン大学図書館で16世紀に製本された本から12世紀の原稿の断片がでてきました






きらきらX線検査により、製本の中に1,300年を経た著作が現れたそうです〜

内容は、8世紀の聖ビードのお言葉だそうで、 中世のインクの構成要素(鉄、銅と亜鉛)から発見されたそうです


(以下、記事から)
新技術のおかげで、世紀にかかわる計画から隠された中世の原稿は、初めて彼らの秘密を明らかにすることができました。

オランダ人の科学者と他の研究者は、製本として再利用れ、肉眼で解読されることができない原稿の断片を読むために、X線テクニックを使用しています。

中央が年をとったあと、彼らを強化するために装丁内部にページにペーストして、原稿はリサイクルされました。

それらの断片は、特定の作品の独特の残骸である場合があります。

エリク・カーケル博士(ライデン大学の中世の本歴史家)は、観客に言いました: 「それは、本当に掘出し物のようで、とても刺激的です。」・・・・・・・






記事の詳細はこちらです
右矢印 青
https://www.theguardian.com/books/2016/jun/04/x-rays-reveal-medieval-manuscripts






 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 09:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM