なぞのカトレア

  • 2016.02.22 Monday
  • 08:49




JUGEMテーマ:ボタニカルアート(植物画)































きらきらカトレア・ラビアータ(Cattleya labiata)


1818年にウィリアム・スワインソンがブラジルで発見し、英国グラスゴー植物園のウィリアム・カトレイに送りました


彼の名前からカトレアになりました


幻の美しい花としてその名は広く広がりました


しかし、その後も他のプラントハンターが探したのですが、長く同じ花は未確認でした


やっとその存在を確認されたのは、50年後ブラジルでフランス人冒険家によってでした




英国王立キューガーデンの記事はこちらです
右矢印 青http://www.kew.org/visit-kew-gardens/whats-on/missing-lifetime-story-%E2%80%9Clost%E2%80%9D-orchid







 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 08:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM