19世紀のロンドン

  • 2015.11.30 Monday
  • 09:47



JUGEMテーマ:イギリス



 





きらきら先日、新商品でご紹介した『ロンドンのインテリア - コスチュームと式典とともに』

1841年 ジョセフ・ミード社 ロンドン刊行から

 

 


タイトル:エルギン・ギャラリー

1801-1812年から、スコットランドの貴族トーマス・ブルース(エルギン卿)は、ギリシャでパルテノンを復旧することを担当していました。

修復を行っている間、彼はパルテノン帯状装飾からスコットランドへ戻って多数の大理石像を出荷しました。

彼の負債を清算するために、彼は真新しい大英博物館に大理石像を後で売りました。

そして、それらを展示するために特別なホールを建設しました。

今でも、ギリシア政府は、彼らの復帰を要求しています。



 




商品のご購入はこちらから右矢印 青

http://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=95683331



 

 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 09:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM