ウィリアム・ブレイク

  • 2019.09.13 Friday
  • 10:10

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今世紀最大のウィリアム・ブレイク展がロンドンのテイトギャラリーで開催されています〜

 

2020年2月2日まで

 

 

 

ウィリアム・ブレイクは、イギリスの芸術で最も象徴的なイメージのいくつかを作成した画家で、版画家、詩人

 

過激で反抗的な彼は、世界中のビジュアルアーティスト、ミュージシャン、詩人、パフォーマーにインスピレーションを与えています

 

 政治的恐怖と抑圧の時代における彼の個人的な闘争、技術革新、ビジョンと政治的コミットメントは、おそらくこれまで以上に適切ではなかったでしょう

 

 

彼の水彩画、絵画、版画を含む300を超えるオリジナル作品で、これはほぼ20年間のブレイクの作品の最大のショーです。

 

 

 

 

 

 

ウィリアムブレイク(1757年11月28日-1827年8月12日)

英国の詩人、画家、版画家

彼の生涯の間にほとんど認識されていなかったブレイクは、今ではロマンチックな時代の詩と視覚芸術の歴史の中で重要な人物と見なされています

 

 2002年、ブレイクは、BBCの100人の最高の英国人の投票で38位になりました

 

 

ブレイクは彼の特異な見解のために同時代人に怒っていると考えられていたが、彼は彼の表現力と創造性、そして彼の作品内の哲学的および神秘的な底流のために後の批評家から高く評価されている

 

彼の絵画と詩は、ロマン主義運動の一部であり、「前ロマンチック」であると特徴づけられています。イングランド教会(実際、ほぼすべての形態の組織的宗教)に敵対した献身的なクリスチャンであるブレイクは、フランスとアメリカの革命の理想と野心に影響を受けました

 

彼の芸術的な活動は、彼の信念を反映した、奴隷制度の反対、男女平等など革新的な運動の先駆けとなりました

 

 

 

 

 

 

 

ウィリアム・ブレイクの本コーナーを作りました

商品ページはこちらです☞

https://botanicalart.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=565364&csid=39&sort=n

 

 

 

 

 

変顔

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 10:08

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1824年 「変顔」から

 

 

 

 

 

 

画家は、

ルイ=レオポルド・ボワイー

 Louis-Léopold Boilly 

1761年 - 1845年

 

フランスの画家

 

主に肖像画を中心に絵画を描き、中流貴族の生活などを題材とした絵を描いた。彼はフランス王国時代から7月王政の時代まで絵を描いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネッシー

  • 2019.09.07 Saturday
  • 09:41

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々に聞きました〜「ネッシー」

 

 

スコットランドのネス湖の未確認巨大物体

 

 

結論は、巨大ウナギらしいですね〜

 

 

湖の中のDNAをすべて調査したところ期待していた?恐竜系のものはなかったそうです

 

 

 

 

 

 

 

ディオール

  • 2019.09.01 Sunday
  • 10:11

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30日にディオールから新発売された香水「ソヴァージュ」

 

 

キャンペーン広告がその日のうちに大幅に変更になりました

 

 

変更前のビデオには、北米のネイティブ・インディアンたちが多登場しダンスなどのシーンが

 

 

変更後は、ネイティブ・インディアンの姿が全く消されています

 

 

 

「ソヴァージュ」とは、”野蛮な” といった意味であり野蛮人=なのか!と差別的なCMへの抗議のツイッターで炎上したそうです

 

 

 

 

 

16世紀からヨーロパ人はネイティブ・アメリカンを"savages"(野蛮人)として紹介され、21世紀になった現在でも、何も変わっていないのですね

 

 

 

イギリスの新聞記事はこちらです☞

https://www.theguardian.com/fashion/2019/aug/30/diors-fragrance-ad-draws-criticism-for-featuring-native-american-tropes

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーンジー島の読書会の秘密

  • 2019.08.25 Sunday
  • 08:10

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1946 年の英国で、

 

ロンドンに住む作家の元に一通の手紙が届く

 

差出人はガーンジー島在住のドーシー・アダムズ

 

かつて所有していた随筆集が巡り巡ってドーシーの元に

 

彼は、書籍に記されていた彼女の名前と住所を頼りに手紙を送ってきたのである

その手紙には、ガーンジー島には本屋がないため、シェイクスピアの書籍が購入できるロンドンの書店を教えて欲しいと記されていた・・・・

 

 

 

 

 

 

 

とっても興味深い映画、今から楽しみです〜

 

劇場公開は、8月13日(金)だそうです

 

 

公式HPはこちらです☞http://dokushokai-movie.com/

 

 

 

 

 

 

アリス展

  • 2019.08.23 Friday
  • 11:19

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

サルバドール・ダリ作

 

 

 

 

オーストリア人のリズベス・ズバーガー画

 

 

 

 

ラルフ・ステッドマン画

 

 

トーヴェ・ヤンソン画

 

 

 

レナード・ウィスガード画

 

 

 

 

 

 

 

アリス展の見どころは、アリスが様々な画家やイラストレーターで描かれていること

 

 

 

それぞれの世界感で全く違う印象のストーリーを想像することができます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスで

  • 2019.07.13 Saturday
  • 07:52

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

こちらは、ハンプシャー州のサウスシー

 

 

 

パイとレコードの専門店です

 

https://pieandvinyl.co.uk/

 

 

 

 

本日のランチのパイのメニューです〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなライティングのおしゃれなバーもありました〜

 

 

 

こちらの看板は、ヘアーカットのお店です

 

 

 

IMG_1253.JPG

 

 

アンティークショップ

 

 

 

 

 

 

もう使用されていない電話ボックスがキャッシュディスペンサーになっていました!!

 

 

 

イギリスで

  • 2019.07.11 Thursday
  • 07:51

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

IMG_1179.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1180.JPG

 

 

 

IMG_1182.JPG

 

 

 

IMG_1183.JPG

 

 

 

IMG_1181.JPG

 

 

 

IMG_1186.JPG

 

 

 

IMG_1185.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1184.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1187.JPG

 

 

 

イギリス、ブライトンの続きです〜

 

市街地を抜けてブライトンビーチまで来ました、

 

 

少々天気が気になるとことですが、

 

 

電話ボックスで海鳥が休んでいました

 

 

カフェでのランチは、牛骨を縦割りし中身もそのままグリルとポテトフライ、サラダです

 

フランス人シェフの味です

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスで

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 09:21

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

IMG_1149.JPG

 

 

IMG_1160.JPG

 

 

 

 

 

 

IMG_1161.JPG

 

 

 

 

IMG_1178.JPG

 

 

IMG_1170.JPG

 

 

IMG_1168.JPG

 

 

IMG_1166.JPG

 

 

IMG_1172.JPG

 

 

 

IMG_1174.JPG

 

 

 

IMG_1175.JPG

 

 

 

IMG_1177.JPG

 

 

イギリス、ブライトンの市街地です〜

 

 

 

 

上から有名なブライトンパビリオン

 

 

古くからの中心街には、パブや劇場が並んでいます

 

円形の小道に入ると、昔からのアンティークショップやジュエリー屋さん、プリントショップ(版画・古地図屋さん)があったのですが・・・・

 

今では数軒のアンティークジュエリーショップのみになっていてさみしい気分です

 

 

 

 

 

現在では、一番下写真のようなダックを集めた、キャラクターショップが人気のようです

 

 

 

 

 

 

 

イギリスで

  • 2019.07.09 Tuesday
  • 11:25

JUGEMテーマ:イギリス

IMG_1162.JPG

IMG_1163.JPG

イギリスの街角で見つけたバイクです〜

ドクロをイメージしたフロントに、ボディーにも骸骨がいろいろ描いてあって思わずパチリ!

イギリスで

  • 2019.07.08 Monday
  • 07:36

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

IMG_1237.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1236.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1233.JPG

 

 

 

カフェでのランチです〜

 

 

サイドディッシュいっぱいのオムレツです

 

 

 

 

 

 

下は、イギリスで定番のスナック類

 

 

 

酢の味の効いたポテトチップス、今人気なのはエビ味(シュリンプカクテル)

 

ブタの皮の部分を揚げたおつまみ、ポーククラックリング、ローストポーク味です

 

チーズクラッカーは、ブルーチーズ風味

 

トゥイグレッツは、固めのプレッチェッルに少々苦めのウスターソース味です

 

どれもパブで人気の大人向けスナックです〜

 

 

「ノビーズ ナッツ」(隠語で睾丸の意味)という強烈なネーミングの豆菓子も

 

 

下にはキャラメルで層を作っている濃厚ウエハースも

 

 

 

 

イギリスで

  • 2019.07.05 Friday
  • 09:47

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、イギリスの南、ハンプシャー州のエムズワース村です〜

 

 

村のまわりには、お金持ちの大きな家があります

 

 

上は、村の中心地、

 

 

 

真ん中は、ステキなショップ

 

 

 

下は、靴屋さんのウィンドーを飾るマネキンの職人さんです

 

 

 

 

 

ロンドンで

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 09:48

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

IMG_1210.JPG

 

 

IMG_1208.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1207.JPG

 

 

 

最近のロンドンの古本屋さん事情です〜

 

 

 

上は、古本屋街で有名な

ロンドン中心 

チャーリングクロスロードです

 

以前は、通りのほとんどを占めていた古書屋さんですが、現在は、

 

 

 唯一 2店舗だけになっていました〜

 

 

 

 

 

一番下の写真は、

 

「チューティング」地下鉄駅構内です

 

無料レンタルできる図書館が設置されています〜

 

 

 

 

 

 

イギリスで

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 14:24

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

IMG_1239.JPG

 

 

 

 

IMG_1240.JPG

 

 

 

 

IMG_1241.JPG

 

 

 

IMG_1244.JPG

 

 

 

 

IMG_1242.JPG

 

 

 

 

 

 

イギリス 南東部のハンプシャー州サウシシーです

 

 

メインストリートには、いくつかのジャンクショップ(中古ガラクタ屋さん)が並んでいます〜

 

 

いたるところ、ほこりだらけなので白い服を着て行ったらたいへんです

 

 

 

でも、お宝があったりするので楽しいお店です

 

 

 

 

 

 

イギリスで

  • 2019.07.01 Monday
  • 09:33

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスで良く見るのが、ドッグローズ

 

 

 

家の垣根とか道端に必ずある一重の小型のバラです

 

 

 

 

このドッグローズは、ハンプシャー州のエムズワース村にありました

 

 

 

上の写真には、大きなローズヒップがついています

 

 

 

 

 

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM