ファッション

  • 2019.01.04 Friday
  • 12:57

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠ヴィクトリア朝時代の12月のファッション画から

 

 

 

たとえ寒くともファッションのためなら厚着や着ぶくれはご法度だそうです〜

 

 

 

 

 

 

ナポレオン

  • 2018.12.31 Monday
  • 15:50

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

昨日のナポレオンの続きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠ナポレオンは、

 

 

 

1821年にセントヘレナ島でイギリスの監護の下で死去しています

 

彼の最後の言葉は、

 

「私の死は時期尚早です。 私はイギリスの寡占と彼らの雇われた殺人者によって暗殺されました。」

とあります

 

 

 

5月5日に16人のオブザーバーが検死に参加し、そのうち7人が医師でした

 

 

 

 彼らは彼らの結論において全会一致であった:ナポレオンは胃がんで亡くなったとあります

 

 

 

 それにもかかわらず、「実際に」起こったことについてナポレオンが疑っていた疑念は、まったく消え去ったことはありませんでした

 

イギリス政府は彼の死を早めたのか? フランスのライバルは彼のワインに毒を入れたのか?

 

 

 2世紀近くもの間、この謎が議論され、繰り返されてきました

 

 

その死は突然ではなかった

 ナポレオンは数ヶ月間、腹痛、吐き気、寝汗、発熱を患っていました

 

彼が便秘していなかったとき、彼は下痢に襲われました

 

 彼は体重が減り、頭痛、足の虚弱、そして明るい光の中での不快感を訴えました

 汗でびしょぬれになり、彼の歯茎、唇、爪は無色でした

 

手短に言えば、彼が中毒にされていたことを彼も自覚しました

 

彼は父親を殺したのと同じ癌を持っていたと決めつけました

 

そして 1821年5月4日、意識を失いました

 

 5月5日に、偉人が死んだというニュースで世界中が衝撃を受け - そして質問が始まりました

 

 

医師による暗殺説などの後、

 

 1821年科学者によって発見された31のヒ素中毒の症状により

 

1816年、1817年および1818年のナポレオンの頭からの毛髪に対して調査されました

 

それにより致命的に高レベルのヒ素を検出し

 

ナポレオンはヒ素で殺害されたことが明らかになりました - しかし、誰によって?

 

1980年代、ナポレオンは単に彼を殺害するのに十分な量のヒ素を彼の環境から吸収していたかもしれないという理論を立て、中毒論争は別の方向に向かっていきました

 

当時の化粧品、ヘアトニック、タバコ、シーリングワックス、調理鍋、虫除けパウダー、ネズミの毒、ケーキのアイシング:19世紀の家はヒ素で飽和していました - すべてが有毒でした

 

ニューカッスル大学の化学者が19世紀の観光客によって盗まれたロングウッド(島でナポレオンが暮らしていた家)の壁紙のスクラップを実験したとき、彼はその背後に成長しているカビによって吐き出された有毒ガスがナポレオンの死へ寄与したかもしれないことを発見しました 

 

 

後の研究者はナポレオンの息子からも毛をテストしました

 

彼の最初の妻、皇后ジョセフィン、 そして、19世紀初頭のヨーロッパ人は、現在住んでいる平均的な人よりも体内に最大100倍多い砒素を持っていると結論づけました

 

 

壁紙によるヒ素中毒説が今のところ一番有力のようです

 

 

 

 

 

 

 

ナポレオン

  • 2018.12.30 Sunday
  • 13:58

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠昨日のナポレオンの続きで・・・

 

 

 

 

ナポレオンは、フランスの皇帝として退位することを余儀なくされ、エルバ島に追放されました

 

 

 

それから彼はどうにか逃げて、パリに行進し、そして王座を再突破しましたが、最後に、ウォータルーでの圧倒的な損失が再び亡命生活を余儀なくされ、今度はイギリス領セントヘレナと呼ばれるはるかに離れた島に行きました

 

 


イギリス人は豊富なワイン、肉、そして楽器を提供することに同意しました、しかし彼が最も切望したもの - 家族、権力、ヨーロッパの生活 - を入手することができませんでした

 

さらに悪いことに、彼はほとんどフランス語の読み物を入手することが禁じられていました

 

新聞も禁止されており、彼が手に入れたものはほとんどが英語でした

 

遂に島に上陸して3か月後に、捕虜の言葉を学ぶことを決心し次の3ヶ月間、彼はほぼ毎日午後勉強しました

 

6年後の51歳で彼の生涯をこの島で終わらせました

 

 

彼の英語の学習の先生は、フランス人のCount Emmanuel de Las Casesでした

 

彼は、歴史研究家でセントヘレナへ伴っていました

 

先生のCount Las Cases曰く、ナポレオンは「並外れた知性を持っていましたが、非常に悪い記憶力を持っていました。これは特に彼を怒らせました」

 

 

ナポレオンが英語を話す時について、「弟子は[フランス語]の発音を認識することだけを望んだ」(意識してフランス語の発音で英語を話す)そうです

 

おそらく前の皇帝は彼らの言葉を彼らのやり方で話す名誉をけがされるのに耐えられなかったのでしょう

 

 

又母国語でも、固有名詞を曖昧にするなどナポレオン独自の話かたがあったようです

 

外国語に関しても、彼のスタイルで発音しました

 

今となっては、彼がどう発音したのか永遠の謎のままです

 

ナポレオンは、不眠症だったため朝5時までも努力し彼は新聞を読むという自分の目標を達成しました

 

 

 

 

彼の英語の先生であった Count Emmanuel de Las Casesの著書 Mémorial de Sainte-Hélène (1822年–23年) の中にナポレオンのこの島の記録が書かれているそうです

 

 

他にもアンドリュー・ロバーツ著「ナポレオン ザ グレイト」2014年発行でもナポレオンの島での生活が記載されているそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィリアム・クーム

  • 2018.12.29 Saturday
  • 17:46

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠こちらは、ウィリアム・クーム著「ナポレオンの生涯」です

 

 

 

1815年 ロンドンT・テッグ 刊行

 

 

 

 

ナポレオン・ボナパルトは1815年6月にワーテルローの戦いで敗北し、この本は同じ年(直後)に彼の没落を祝うためにイギリスで出版されました!!



ナポレオン・ボナパルトがフランス革命軍の軍隊からフランス皇帝へと上りつめ、その後は、エルバ島への亡命の物語

 

 

 

 

商品ページはこちらです

https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=138474424

 

 


著者は・・・

ウィリアム・クーム
William Coombe
1742年-1823年
イギリスの作家で詩人
多くの風刺やコミカルな詩で有名です
「シンタックス博士のツアー」、「死の舞踏」など、風刺画家のトーマス・ローランドソンとのコラボレーションで多くの著作があります

 

 

 

トーマス・ローランドソンが描いた シンタックス博士が旅するシリーズは特に人気でした

 

 

 

 

挿絵から飛び出して人形まで売り出されたり、今日のフィギュアーやキャラクターグッズにも負けていない人気でした〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペニーマガジン

  • 2018.12.28 Friday
  • 12:09

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠こちらは、「ペニーマガジン」です

 

 

 

 

1843年1月〜12月までの691号から754号までの完全な雑誌をコレクションし装丁しています

 

 

 

 

主な記事:
インドのカースト制度と部族
綿、レース、陶器、カーペット、羊毛、絹、亜麻などの生産、技術ための工場内部
自然科学史、博物学、農業、家畜
有名な芸術家の生活

 


当時の時事が分かる資料的にも価値ある書です

 

 


ペニー マガジン
1832年3月31日~1845年10月31日まで毎週土曜日に出版された労働者階級を目的としたイギリスのイラスト雑誌
チャールズ・ナイトが、有用知識普及協会のために創設しました
たった1ペニーで販売され、木版画で図解されています
最初の1年間で20万部も購読され、最初は非常に成功しましたが、1ペニーゆえに経済的に困難になり刊行は継続不可能となった

 

 

 

 

 

商品商品詳細ページはこちらです

https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=138474544

 

 

 

 

 

 

 

 

奇人変人雑誌

  • 2018.12.23 Sunday
  • 14:06

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠こちらは、今でいうスポニチ新聞?やスキャンダルを追ったスクープ写真雑誌のような雑誌です

 

 

 

『新 素晴らしい博物館と非凡な雑誌』

 

 

 

1802年-1804年 ロンドン アレックスホッグ 刊行

 

 

 

図譜はストーンヘンジ、オーストラリアの原住民、ポーランドの盗賊、反逆罪で縛られた男、住人の家、巨人、イギリス人の預言者、有名な分子戦士、144歳のデンマークの船乗り、有名な占星術師アン・シッグス、殺人鬼、犯罪者などのスケッチとその詳細を細かく記述しています

 

 

当時、ひじょうに人気がありました

 

 


その当時に実在した奇人変人が時事雑誌でイギリス中に紹介されています

 

 

 

商品の詳細ページはこちらです

https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=138466501

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスカード

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 10:10

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠イギリス ヴィクトリア朝時代のスクラップブックにあったクリスマスカードだそうです〜

 

 

一部ポップアップになっていたり楽しいカードです

 

 

年賀状もいいけれどクリスマスカードも喜ばれます

 

 

 

 

 

 

ケイト・ミドルトンのマンションが

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 09:56

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠ケンブリッジ公爵夫人キャサリン

 

旧名: キャサリン・エリザベス・"ケイト"・ミドルトン

 

 

独身時代に姉妹で暮らしていた3階のマンションが現在売り出されているそうです〜

 

買い物にもお出かけにもお便利なチェルシー地区のマンションです

 

 

価格は、日本円で 約¥276,410,236

 

 

2002年には、約¥110,564,094で売却されていた物件だそうです

 

 

独身時代、アパレルブランド「ジグソー」のアクセサリーバイヤーのお仕事をパートタイマーでしていたそうです

 

 

 

 

他の不動産の伸びは終わったようですが、有名物件となると強気ですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスのテレビ番組

  • 2018.12.10 Monday
  • 13:53

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠かなり前のイギリスの人気テレビ番組の話題ですが・・・

 

 

 

現在、日本でもシネフィルWOWOWで毎週月〜木19:00放映されています〜「炎の英雄 シャープ」!!!

 

 

 

 

 

人気イギリス人俳優ショーン・ビーン主演。ナポレオン時代の英国陸軍を舞台に、英雄リチャード・シャープの活躍を描いた歴史アクション・ドラマ。

 

英国itvにて1993年から1997年まで放送され、主演のショーン・ビーンの人気を決定づけたドラマ・シリーズ「炎の英雄 シャープ」。

 

ナポレオン時代の英国陸軍軽歩兵の活躍を描き、ピート・ポスルスウェイト、ポール・ベタニーら、英国の名優が多数出演する大ヒット歴史アクション・ドラマです。

 

19世紀初頭、イギリス軍はスペインらと同盟を組み、ポルトガルを拠点としてナポレオン率いるフランス軍と交戦していた。

 

第95ライフル連隊の軍曹リチャード・シャープは将軍ウェルズリーの命をフランス兵から救ったことにより中尉に昇格、精鋭ライフル部隊“選ばれし者”の指揮を任される…。

 

 

全14話
1993年〜1997年イギリス

監督:
トム・クレッグ
出演:
ショーン・ビーン/ブライアン・コックス

 

 

歴史が良く分かる上、階級や庶民の生活が良く描かれています

 

全編スペインロケでたいへんお金をかけたドラマだそうです

 

 

 

 

途中からでもおすすめです〜

 

 

 

 

 

イギリス

  • 2018.11.21 Wednesday
  • 16:04

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『英国の名士と紳士の風景』

 

 

13図の手彩色木版画図譜(邸宅、庭園付きの城)と52ページの解説テキスト
 

 

 

1870年 イギリス リーズ 刊行

 

 

 

 

今でも当時の領主の子孫が家として利用していたり、ホテルにしたり、一部料金を取って観光客へ開放したりしてほとんどがこのままの状態で残っています!

 

 

 

細かく良く見ると、ステキなドレスの淑女やペットや羊の群れなども描かれています

 

ぜひお手元で楽しんでください!!

 

 

 

商品商品詳細ページはこちらです

https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=137050805

2巻目

 

https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=137050736

4巻目

 

 

 

バース観光

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 16:30

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『新バースガイド家族の回想録』

 

 

 

 

6ページの内容と106ページのアンステイによる詩的なテキスト文章は、流行のおしゃれでファッショナブルなスパタウン「バース」(イギリスのローマ風呂発祥地)の大失敗エピソードと家族の冒険を書いています

イラスト画は、家族が癒しのスパで風呂を浴びたり、ダンスに出席したり、カードゲームをしたり、本屋を訪れたり、川に降りたりするなどの行楽を描いています

 

 

 

実は、こちらの本、TBSテレビ「世界遺産」が取材にきて図譜が放映されました

 

TBSでイギリスのバースまで取材に行ったのですが、放映日までにバース観光発祥時当の様子が分かる資料がスタッフさんが現地で探すことができなくて探していたそうです、

 

番組はこちらです

http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20130310/

 

テレビ局のある赤坂から10分(取材時の事務所)の場所で探しものにであったと感激されてしまいました〜

 

紹介した以前のブログはこちらです

☞http://jj.botanicalart.shop-pro.jp/?eid=1675

 

 

 

エレガントなドレスでローマ時代の浴槽室にいる図譜など、現在からは想像できない光景です

 

 

 

 

手彩色図譜がきれいな本です〜

 

 

 

商品商品詳細ページはこちらです

https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=137050578

 

 

 

 

 

 

 

 

スーティ&スウィープ

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 10:03

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠チャールズ皇太子70才記念イベントに登場した「スーティー&スィープ」です〜

 

数々の有名スターよりもチャールズ皇太子のご興味の的だったご様子

 

 

 

 

家にもいるんです、よぼよぼスィープ約40才(下)

 

 

 

 

 

 

「スーティー&スィープ」とは・・・

スーティーは手袋人形でテレビ、舞台、漫画、映画のキャラクター

黒い耳と鼻を持つ小さな黄色のオスのクマで、マジックトリックや実践的なジョークを言います

彼は1948年に人形作家ハリー・コーベットによって創造されました

1952年に地元のテレビでデビューし、1955年以来、さまざまな形で子供のテレビ番組が続けられ、ギネス世界記録 よると、英国では継続的な子供向けプログラムを運営しており、2018年10月30日現在に857件のエピソードが放映されています

 

 

 彼は後にスィープ(サクソフォーンリードタイプのキックで交信する犬)、Soo (恥ずかしがり屋と甘い話しのパンダ)、Kipper(猫)、Butch(別の犬)、Ramsbottom(スネーク)、Enry the Robot、Cousin Scampi(Sootyのいとこである別のクマ)、Miki(別の猫 - 今度はブラジル人)、Maggie Mouse。 Sootyのように、Scampiは誰かが自分の口に近づけるときにだけ聞こえる非常に軽く囁きます

 

 

 

 

 

蛾です〜

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 09:54

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠日頃、あまり出会いたくない蛾ですが、こんなにカラフルで美しいとは・・・

 

 

 

スティール版画手彩色です

 

 

商品商品詳細ページはこちらです

https://botanicalart.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=565350&csid=9&sort=n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィリアム・モリス

  • 2018.11.02 Friday
  • 09:36

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

IMG-0829.JPG

 

 

 

 

IMG-0828.JPG

 

 

 

 

IMG-0827.JPG

 

 

 

IMG-0826.JPG

 

 

 

 

IMG-0825.JPG

 

 

 

IMG-0824.JPG

 

 

 

 

 

♠昨日、時間があって、新宿のH&Mを覗いたところ・・・

 

 

 

なんと一面に「ウィリアム・モリス」特集が!!

 

 

パンツ、ワンピース、ブラウス、と様々なアイテムにウィリアム・モリス柄が!!

 

 

一瞬、壁紙かと間違えるほど

 

 

2018年の終わりに1860年代のデザインが再来するとは、モリスさんもびっくりだと思います

 

 

 

 

 

 

ウィリアム・モリス

William Morris

1834年-1896年

19世紀イギリスの詩人、デザイナー、マルクス主義者

多方面で精力的に活動し、それぞれの分野で大きな業績を挙げた

「モダンデザインの父」と呼ばれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プーさん!!

  • 2018.10.21 Sunday
  • 09:41

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠クマのプーさん展、楽しみですね〜

 

 

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館が贈る「クマのプーさん展」開催決定!

 

 

 

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で開催され、大好評だった、「クマのプーさん展」が2019年2月にBunkamura ザ・ミュージアムにて開催だそうです

 

 

映画につづき、プーさん、人気ありますね〜

 

 

 

 

 

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM