リージェント・ダイヤモンド

  • 2019.02.14 Thursday
  • 09:29

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

マリー・アントワネットの船スタイルのヘアー

ここにもリージェント・ダイヤモンドも使用されています

 

 

 

 

 

♠なんと410カラットのダイヤモンド切られていないが、インドのコルラー鉱山の奴隷によって発見された。

 

 

奴隷はそれを自分で隠し外へ密輸しました:ある人の証言では、彼の足に大きな傷を作りその中に隠したと主張します。

 

それからイギリスの船長は奴隷を殺し、ダイヤモンドを盗み、それをインドの商人に売りました

 

 

トーマス・ピットという英国の商人が1701年にマドラスにいる間に商人からダイヤモンドを買いました。

 

ピットの所有で、そのダイヤモンドはピットダイヤモンドとして知られるようになりました。

 

ピットはダイヤモンドを141カラットのクッションのような華麗な形にカットしました。

 

それは「ほぼ円形、幅に等しい厚さ、真っ白、すべての傷、雲、水の斑点がない」と説明されていました。

 

 

ピットはルイ14世を含むさまざまなヨーロッパの王族にダイヤモンドを売ろうとしましたが、成功しませんでした。

 

結局、それは1717年にルイ15世のリージェント時代、フィリップ2世、オルレアン公によって購入されました。

 

この公爵は、彼の友人である有名な伝記者、ルイ・ド・ルーヴロワ、サン=シモン公によって購入されることを勧められました。

 

オルレアン公爵は1722年にルイ15世の戴冠式で使用された王冠にダイヤモンドをセットさせました。

 

その時、リージェント・ダイヤモンドとして知られるようになりました。

 

後に、ルイ16世が戴冠したとき、巨大なダイヤモンドが彼の新しい王冠にセットされました、そして、新しい王がそれを頭に着けていたとき、彼はその重みの不快さに「痛い!」と叫びました。

 

 

フランス革命の間、リージェント・ダイヤモンドとフランスの王冠の宝石を守るために、すべての宝石はガーデミーブル(王国財務省)に保管されていました。

 

この保障措置にもかかわらず、リージェントのダイヤモンドと他の王冠の宝石類は、保管庫に侵入した暴動によって盗まれました。

 

2人の泥棒が捕まり、いくつかの宝石が回収されました。 しかし、リージェント・ダイアモンドは行方不明のままで、15ヶ月間発見されませんでした。強盗がそれを穴の中に隠したためです。 

 

一人の人が述べた:

「逮捕された2人の泥棒は、もちろん疑惑を呼び起こした答えを出しました…確かに…強盗は、使用されるお金を自分たちに供給するために、後期の貴族党に属する人々によって計画されたのです。フランスを征服しようとしていた外国の軍隊に支払うことで・・・」と

 

しかし、真相は、泥棒たち以外は誰もこの驚異的な強盗に関与しておらず、彼らは一人の欲張りによって動かされたようです。

 

 

 

リージェント・ダイヤモンドが回収された後、それは破産したフランスのためのローンを担保するために使われました。

 

1795年に、それはドイツの銀行に誓約されました、そして1798年にそれはバンダーバーグという名前のアムステルダムの銀行家に釘付けになりました。バンダーバーグが所有している間、彼はそれをガラスケースに入れて公開展示しました。

 

バンダーバーグの友人たちは、セキュリティの欠如のせいで、それを簡単に盗まれる可能性があると彼に助言しました。

 

しかし、ヴァンダーベルグ氏は、「ガラスのケースに入っているリージェントは価値がない…本当のリージェントは私の妻のところにある」と彼らに語った。

 

ナポレオン・ボナパルトは1801年に摂政を永久に償還しました。

 

1804年の戴冠式では、王冠に据える代わりに、「剣の柄を形成する」ワニの歯の間に置かれた刀に取り付けました。

 

ナポレオンがオーストリアの大公マリー・ルイーズを葬ったときに現れた時。

 

彼の黒いベルベットの花婿の帽子は、「8列のダイヤモンドと3つの白い羽飾りで結びつけられ、その中央にリージェント・ダイヤモンドが輝いていました。

 

 

ナポレオンが追放された後、オーストリアの大公マリールイーズ大佐は逃げました。

 

彼女はリージェント・ダイヤモンドを含むすべての王冠の宝石をオーストリア持って行きました。

 

彼女の父親がそれをフランスに返還するまでそばに置いていました。

 

フランスの3人の支配者 - ルイ18世、シャルル10世、ナポレオン3世 - はその後彼らの王冠に登りました。

 

ダイヤモンドの価値について、The North British Review誌は次のようにコメントしています。

 

「ある声明によれば、それは宝石商の委託により、£458,333(約458,378,000円)とあります」

 

1877年、フランスのリージェント・ダイヤモンドを除くすべてのクラウンジュエルがオークションで売却されました。

 

リージェントは、皇后ユージニーのために設計されたギリシャの王冠に付けられましたが、残りはルーブル美術館で展示されました。

 

第二次世界大戦中の短い期間を除いてルーブル美術館に展示され続けていました。

 

第二次世界大戦中は、保護策としてシャンブル城の石のパネルの後ろに隠されていました。

 

 

 

 

 

マリー・アントワネット

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 09:39

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠こちらは、マリー・アントワネットのためだけに作られた人形です〜

 

 

 

家具屋のデビッド・レントゲンが作ったそうです〜

 

 

 

 

 

 

 

 

マリー・アントワネット

  • 2018.11.15 Thursday
  • 13:59

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠またまたマリー・アントワネット関連で・・・・

 

 

 

今、又ブームなのでしょうか

 

 

 

水曜日にジュネーブのサザビーズオークションで「マリー・アントワネット所有の真珠とダイヤモンドのネックレス」がついに落札されたそうです〜

 

 

過去のサザビーオークション価格からも最高金額、日本円で約41億円のハンマープライスがついたそうです!!!

 

 

こちらは、上のネックレスだそうですが、下のイヤリングなどは、1億円前後で終了したそうです

 

 

マリー・アントワネットが身につけていた真珠、一体どなたの首に行ったのでしょうか??

 

 

 

 

 

種のカタログ

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 22:57

 

 

 

JUGEMテーマ:ボタニカルアート(植物画)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠こちらは、ロンドンのジェームズ・ヴィック (1818年-1882年) 作、種のカタログです

 

 

最初に色つき刷り(カラー)で量産したものです

 

 

カタログには、美しい多色石版画(クロモリトグラフ)がフルページに掲載していました

 

 

 

 

 

 

日本のサクラダファミリア???

  • 2018.11.04 Sunday
  • 19:08

 

 

 

 

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

 

 

IMG-0831.JPG

 

 

 

 

IMG-0832.JPG

 

 

 

 

IMG-0833.JPG

 

 

 

 

IMG-0834.JPG

 

 

 

 

IMG-0835.JPG

 

 

 

 

 

IMG-0837.JPG

 

 

 

 

IMG-0836.JPG

 

 

 

 

 

IMG_8646.jpg

昼間はこんな感じ

 

 

 

 

♠昨夜、早稲田大学付近でバルセロナのサクラダファミリア??に遭遇しました〜

 

 

 

このあたりでは有名物件だそうです

 

 

1階の店舗には、ギャラリーやアンティーク時計屋さん、床屋さんなど雰囲気のあるお店が入っていて上の階は、15万円位の賃貸物件らしいです

 

 

タイルがとってもステキでした〜

 

 

特に夕方以降は周囲の灯りに照らされて魅力的です!!

 

 

ギャラリーに展示されているアンティークもステキなものばかりでした

 

 

お散歩におすすめです

 

 

詳しくは、

梵寿綱の建築の中でも最も有名な建築、ドラード早稲田
1983年に作られたそうです

正しくは「ドラード和世陀」


東京都新宿区の早稲田大学のすぐ近くにあります

 

 

 

 

 

 

 

オークション

  • 2018.10.15 Monday
  • 09:24

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠マリー・アントワネットの使用したジュエリーなどがサザビーオークションに出品されています〜

 

 

 

 

一体どなたのもとへ行くのでしょうか??

 

 

 

 

 

読書マシーン!!

  • 2018.07.07 Saturday
  • 13:27

 

 

 

JUGEMテーマ:博物館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠こちらは、16世紀に発明された「マルティタスキング読書車」

 

 

 

 

10冊の本を同時に読みたいときにピッタリの画期的なマシーンです!!!

 

 

 

発見者は、ニコラ・グロリエ・ド・セルヴィエール Nicolas Grollier deServière (1596-1689)

 

フランス人の模型製作者で木製機械職人

 

 

 

 彼は、引退後、リヨンの自宅で装飾的旋盤作業に取り組み、素晴らしいミニュチュア版モデルを作りました

 

 彼は、自宅を一週間に一度予約制で一般公開し、政治家、学者、職人および他の発明家を引き付けるのに十分なほど有名な展示スペースに作品を展示しました

 

 ルイ14世も彼の展示を見にきたそうです〜

 

 

 

 

 

 

 

のぞき絵 4

  • 2018.02.19 Monday
  • 09:57

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきら1750年ドイツ、アウグスブルクで作られた「ピープショー - のぞき絵」です

 

 

3Dになっています

 

 

箱状の内部には、手彩色された銅版画が7枚重ねになっています

 

 

 

 

 

 

 

今回の場面は、熊狩り

 

 

 

ドイツの森に、10人のハンターたちと犬が一頭の巨大な熊と格闘中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のぞき絵 2

  • 2018.02.16 Friday
  • 15:03

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきら1750年ドイツ、アウグスブルクで作られた「ピープショー - のぞき絵」です

 

 

 

3Dになっています

 

 

 

場面は、乗馬学校

 

 

貴族や上流階級の男子が乗馬の技術を勉強中です

 

 

 

箱状の内部には、手彩色された銅版画が7枚重ねになっています

 

 

 

 

 

 

 

 

本好きに・・・

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 08:13

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきら映画みたいですね〜

 

 

書斎でひっそりと・・・・

 

 

 

 

ワイン??ブランデーでしょうか??ウィスキーでしょうか〜

 

 

 

 

 

名画の帰還

  • 2017.12.14 Thursday
  • 09:08

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきら現在上映中のお映画「黄金のアデーレ」名画の帰還

 

 

 

もうご覧にならてましたか??

 

 

 

アマゾンファイアーTVで観ました〜

 

 

 

大好きな女優さん、ヘレン・ミレンが主役という理由で観たのですが、

 

 

以外な結末に!!!驚嘆な映画でした

 

 

 

ぜひぜひ、おすすめです

 

 

 

 

 

 

 

 

美術品のオークション最高金額!!

  • 2017.11.16 Thursday
  • 11:51

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

きらきらレオナルド・ダビンチの幻の作品がオークションで約508億円で落札されたそうです〜

 

 

 

ダビンチが1500年ごろに描いたとされるイエス・キリストの肖像画

 

長年、所在が分からないとされてきましたが、2005年にアメリカで発見され、6年かけて修復と鑑定が行われました

 

個人コレクターが所有するダビンチの絵画としては最後の1点だということです

 

美術品の史上最高額となる4億5000万ドル、日本円で約508億円!!!

 

 

落札者については規定により、発表されなかったそうです〜

 

 

 

いつの日か実際に拝見できる日はあるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

豪華本???

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 08:20

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきらこちらは、一見、本の様に見えますが・・・

 

 

 

 

1840年に金とダイヤモンドで作られたブレスレットだそうです

 

 

 

アメリカ、ボルチモアのウォルターズ美術館に保管されているそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エドワード・ドノヴァン

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 15:03

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきらこちらは、エドワード・ドノヴァン(1768年 - 1837年)作の水彩画です

 

 

オックスフォード大学内のジョン・ラスキンズカレッジにあるそうです

 

 

この水彩画をもとに銅版画を作成されました

 

エドワード・ドノヴァン

アイルランド生まれののイギリス人

著述家、博物画家、アマチュア動物学者

多くの博物書を執筆した

熱心な博物標本の収集家となり、探検航海で集められた標本をオークションで購入した。

 

ロンドン・リンネ協会とウェルネリアン自然史協会の会員となり、ロンドンのコレクションやライブラリーを閲覧することができた。

個人博物館を多くの収集家が開設した時代で、ドノヴァンも1807年にロンドンに研究所(London Museum and Institute of Natural History)を開設し、数百の鳥類、哺乳類、爬虫類、魚類、軟体動物、昆虫、サンゴ、その他の無脊椎動物の標本や植物標本を展示した。

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンインディアン

  • 2016.07.16 Saturday
  • 10:23

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきらホピ族の女性の写真です

 

ホピ族は、アメリカ・インディアンの部族のひとつ。

「ホピ」とは彼らの言葉で「平和の民」という意味だそうです

 

 

独特のヘアースタイルですね〜

 

 

1800年〜1900年代のアメリカインディアンの十代の女の子の肖像です
 

 

 

写真集はこちらです

右矢印 青http://first-americans.com/36-stunning-portraits-of-native-american-teenage-girls-from-the-1800-to-1900%E2%80%B2s/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM