美しい装丁

  • 2015.12.31 Thursday
  • 11:32



JUGEMテーマ:古書・絶版本



 


















きらきらこちらは、藍峯舎が出版した 江戸川乱歩自選短編集「幻想と怪奇」です

特装丁本には、

山羊革、牛革に本金箔押しを施し、署名入り番号入りの手彩色銅版画の挿絵入りだそうです〜



こちらの装丁をご担当された方は、高橋千裕様という装幀職人の方だそうです

4ヶ月近くもかかったそうです
 


今回は限定175部ですが、すでに残部僅少とのことです



高橋様の装丁展があればぜひ拝見させていただきたいと思いました〜





限定本の詳細は以下にございます
藍峯舎

右矢印 青http://www.rampousha.co.jp/







 

博物画図譜から

  • 2014.04.01 Tuesday
  • 12:01





「かくれんぼ」をしているキューピッド ―


ヘラクラネウム (イタリアの古代都市)

で発掘された家のフレスコ画から






Cupids playing hide and seek - from a fresco in a house excavated at Heraculaneum.

バートロジー 2

  • 2011.12.29 Thursday
  • 09:08






















昨日ご紹介したフランチェスコ・バートロジーの点刻銅版画(ステップル・エングレーヴィング)です

イギリス人がギリシャ、ローマ地域から持ち帰った遺跡を描いています

このマーブルとは、小さい遺跡だけでなく建築物の装飾部分などの大型のものもあります

その代表的なものにエルギン(Elgin marbles)卿がロンドンに持ち去り、博物館に収められているものがあります

ギリシャ政府からの返却要請が続いています


古代ギリシャ、ローマの神々や美しい女性が描かれています

たいへん緻密な版画です

バートロジー 1

  • 2011.12.28 Wednesday
  • 09:11



点刻銅版画の名手

フランチェスコ・バートロジー
(フランチェスコ・バルトロッツィ)

Francesco Bartolozzi (1725年-1815年)

彼は、イタリア人銅版画家
ロンドンで活躍しました

フィレンチェで生まれ

金、銀職人である父親の職業を継ぐ運命ではありましたが、絵画に魅了されベニスで彫刻家を目指しました。

その技術を賞賛されその後ローマに移りました。

そこでは、彫刻でフラスコ画を完成させました。

1764年にロンドンに移り、その後の約40年を過ごしました。

「国王への彫刻師」に任命され1768年の王立美術院の創立メンバーに選ばれました。

ルドゥーテは、ロンドンで彼に技術を学び、フランスでその技術は継承され見事な作品がうまれました




パッション - キリストの受難  12

  • 2011.08.10 Wednesday
  • 09:21









イエス・キリストの埋葬シーン


このシリーズは、最終回です。それぞれ緻密でみごとな銅版画でした!

パッション - キリストの受難  11

  • 2011.08.09 Tuesday
  • 08:54








キリストの磔刑のシーン

パッション - キリストの受難  10

  • 2011.08.08 Monday
  • 09:02









キリストの磔刑のシーン

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM