海底には・・・

  • 2019.08.29 Thursday
  • 10:54

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダチームが海底に眠る船の画像を公開しました

 

これは、探検家フランクリンの不運な1845年の北極探検に新しい光を投げかけることになりました


1845年、イギリスの極地探検家と130人の強力な乗組員が海で消えました


地図等は、水中で170年経った今でも無傷である可能性があります

 

カナダの北極海の厳しい寒さの中発見した証拠は、1845年に乗組員とともに姿を消したイギリスの極地探検家サー・ジョン・フランクリンの不運な遠征の最終日に新たな光を当てることになりました

 

 

8月上旬の数週間にわたって、カナダの研究者は3Dマッピング技術を駆使し、ヌナブト準州のキングウィリアム島の海岸沖の残骸を調査しました

 

また、チームは初めて、遠隔操作の車両を船で操縦することで、船内を7回旅行することができました

 

乗組員が食事をして眠った場所を含む、船の下部デッキのほぼ90%が車両にアクセスできました

 

合計で、遠征は20の別々の部屋を研究することができました

 

 

「HMS テラー号を探検したときに私たちが目撃した印象は、乗組員によって最近捨てられたばかりの船であり、時間の経過によって忘れられたように見えます」と、カナダの上級考古学者であるライアン・ハリスが声明で述べました

 

1845年、HMSエレバス号とHMSテラー号は切望された北西航路を求めてイングランドを出発しました。

 

しかし、有名で綿密に監視された遠征隊は災害で終わり、129人の乗組員全員が北極の敵対的な要素に屈した

 

 


近くの島で最近行われた発掘調査では、壊血病、低体温症、そして潜在的に共食いの組み合わせが、乗組員が2本の座礁した船を放棄した後に死亡したことを示唆していました

 

船と乗組員の遺体を回収するための複数の遠征は無益であると結論づけました

 

何世代にもわたって、イヌイットの口述での歴史は、2隻の難破船と取り残された船員について語っています。

 

長い間西部の考古学者に無視されていたイヌイットの歴史は、イヌイットの歴史家が2014年にエレバス号、2016年にテラー号の最終的な休息場所を明らかにするのを助けたときに証明されました

 

 

記念碑的な発見以来、カナダチームは、両方の船の詳細な調査を開始しました

 

調査では、これらの船の生活と航海の最後の数か月をよりよく理解することを目的としています

 

難破船の中から、フランシス・クロジエ船長のキャビンは手つかずのままの状態でした

 

閉ざされたドアの後ろにある彼の寝室だけがアクセスできません

 

極寒の北極海の下にある場所自体は、船の多くを保存するために重要でした

 

水温と自然光の不足により、食器やナビゲーションなどの多くのアイテムの劣化が防止されています

 

研究にとって最もエキサイティングなのは、酸素が少ない厚い堆積物が航海日誌や地図を含む船内の文書を保存しているという見通しです

 

「家具やキャビネットが設置されているだけでなく、引き出しが閉じられ、多くが沈泥に埋もれており、生存のために可能な限り最良の条件でオブジェクトや文書をカプセル化している」との声明がでています 

 

さらに「各引き出しと他の囲まれたスペースは、フランクリン遠征の運命に関する前例のない情報の宝庫です」とあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BBC製作 アマゾンプライムビデオ 「ザ・テラー」の舞台でもありました!!

 

あの恐怖といったら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見逃した方はぜひ

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3%EF%BC%91-%E5%AD%97%E5%B9%95%E7%89%88/dp/B07BNVQY7H/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8

 

 

 

 

 

 

 

 

パリ

  • 2019.05.24 Friday
  • 19:35

JUGEMテーマ:映画

♠1890年代のパリの映像だそうです〜

ノートルダム寺院、エッフェル塔、チュイルリー庭園など

1900年のパリ万国博覧会用に作られた、動く歩道も

https://www.youtube.com/watch?v=NjDclfAFRB4

ナポレオン

  • 2019.05.04 Saturday
  • 18:46

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠ナポレオン・ボナパルト

 

 

1870年 ドゥバンク作 手彩色石版画『フランスの歴史』から

 

 

 

 

 

こんなかわいらしい肖像画も存在するんですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

  • 2017.10.14 Saturday
  • 10:31

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきら先日、アメリカのダヴのコマーシャルが人種差別との話題になっていたので・・・・

 

同様なことは、常にありました〜

 

上は、1884年のポアーズ石鹸の広告です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞

  • 2017.05.25 Thursday
  • 07:35

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きらきら古い新聞印刷機です

 

 

 

 

この木製の印刷機は、マンチェスターの図書館に保管されているそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出版社

  • 2016.07.21 Thursday
  • 07:29

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

13532879_1050183675017643_5375577642121425557_n.jpg

 

 

 

 

 

 

きらきら先日に続き・・・・詩人であり、アーティスト、ジョン・コリアーによる風刺漫画です

 

 

 

 

18世紀の本からの安い海賊版

 

コピー業者たちは、イングランドの北部地域で取引していました

 

 

 

 

 

 

出版社

  • 2016.07.19 Tuesday
  • 10:10

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

13557805_1049840951718582_1276427572709203602_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

きらきら詩人であり、アーティスト、ジョン・コリアーによる風刺漫画です

 

 

 

 

詐欺師や泥棒たちが、こぞって彼の作品を海賊版やパクリ本で出版しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクサー

  • 2016.02.10 Wednesday
  • 10:11




JUGEMテーマ:アンティーク版画






 
きらきらボクサーのビル・エアリス


彼は、当時の最新科学に基づいたテクニックで革新的なボクシング法で有名でした


しかし、1815年に勇敢だけな水夫、スクロギンスに負けてしまいました
 



 

風刺画から

  • 2016.02.07 Sunday
  • 10:17




JUGEMテーマ:イギリス




 







きらきら19世紀のイギリスのイラスト画



花々で作られている、忙しく花を摘む女性












 

200年前のロンドン

  • 2016.02.05 Friday
  • 09:50




JUGEMテーマ:イギリス



 





きらきら1816年ロンドン刊行 「バガボンデイアーナ(乞食に関しての書)」からの銅版画シリーズから



靴屋のテイラーさん、

彼は、盲目ですが、靴の修理をしてお金を得ていました

サフラン・ヒルの6に住んでいて、ホワイトホールとトッテナム・コート通りで働いていました









 

200年前のロンドン

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 09:11



JUGEMテーマ:イギリス


 





きらきら1816年ロンドン刊行 「バガボンデイアーナ(乞食に関しての書)」からの銅版画シリーズから



彼は、ロンドンで有名な乞食です



彼は、俳優のごとく場所場所で2つの乞食を演じ分けしていました



一カ所では、マッチを売る貧乏人、もう一カ所ではナポレオン戦争の負傷者の水夫でした








 

200年前のロンドン

  • 2016.01.30 Saturday
  • 09:24




JUGEMテーマ:イギリス




 






きらきら1816年ロンドン刊行 「バガボンデイアーナ(乞食に関しての書)」からの銅版画です



パイプで配管した天然ガスを使ったガスランプがすでに1817年のロンドンにありました




彼の仕事は、毎晩ハシゴで点灯して、翌朝にも毎日、消灯して回っていました〜










 

200年前のロンドン

  • 2016.01.28 Thursday
  • 09:34


JUGEMテーマ:イギリス



 








きらきらこちらは、1816年ロンドン刊行 「バガボンデイアーナ(乞食に関しての書)」からの銅版画です

バガボンドとは、乞食の事です



ロンドンでエリザベス一世時代、現実にストリートに生きていた人々を紹介しています

彼は、人々から注目され、同情でお金を得るために、口に石鹸を入れて口のまわりを泡だらけにして精神病を装っていたのです










 

英国紳士

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 15:44



JUGEMテーマ:イギリス



 





きらきら19世紀のイギリス製の杖です


杖の柄の中には、コンパスと望遠鏡、それに鋭い刀も忍ばせていました〜


007映画みたいですね〜




 

19世紀のロンドン

  • 2015.12.08 Tuesday
  • 20:44



JUGEMテーマ:イギリス



 





きらきら先日、新商品でご紹介した『ロンドンのインテリア - コスチュームと式典とともに』

1841年 ジョセフ・ミード社 ロンドン刊行から




ハンター博物館


イングランド王立外科医師会




















外科医ジョン・ハンター(1728年-1793年)




ハンター博物館は、先駆者スコットランドの外科医ジョン・ハンターによって設立されました


コレクションが大部分は外科的見本と身体的な異常体形などで、それらの博物学標本(恐竜や絶滅したドードーの骨格など)の多数のコレクションを含んでいます


この時代は、多くの他の外科医同様、解剖学用の検体(死体)が不足していました


死刑囚の死体だけでは、足りなく、


ジョン・ハンターは死体泥棒達からの死体を闇で購入して、若い外科医大学の学生に解剖用教材として提供していました



レスター・スクエアの彼の豪邸は、表向きには上流社会の友人の見せかけの豪華な玄関がありましたが、それとは別に裏口があり、暗くなると、泥棒が死体を運んでくるための大きな別のロビーがあったそうです


作家ロバート・ルイス・スティーブンスンは、彼の著書「ジキル博士とハイド氏」を執筆するうえでハンターの影響があったとされています


地位と名誉ある外科医と闇の死体のディーラー・・・・・
 
 


 

 
商品のご購入はこちらから右矢印 青
http://botanicalart.shop-pro. jp/?pid=95676921


 




 

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM