『タスマニア人の友人と敵』

  • 2010.10.25 Monday
  • 08:59
女今日ご紹介する本は、可憐なボタニカルプリントでファンの多い女流植物画家トワムリーのめずらしい本です。





ルイザ・アンヌ・トワムリー
1812年、英国バーミンガムに生まれたルィーザは、母親によって教育され、自立した女性に育てられ、革新政党であるチャーチスト党を支持するいくつかの新聞記事を公表しました。彼女十代で卓越した詩人、作家、植物学者で芸術家でした。彼女の処女作「詩集」1835年刊行には、彼女のデザインした銅版画の図譜が記載されました。他に彼女の刊行本には、「自然のロマンス」(1835年)、「野草」(1839年)、「花の宝石」(1839年)があります。その2冊中でも人気の高い花言葉の本に登場する彼女の花束調でセンチメンタルな詩的図譜が記載されています。

1839年ジョージ・メレディスと結婚後に、夫婦で当時まだ未開の英国植民地オーストラリアへと移住しました。 ルィーザは、植民地の生命体についての観察や、および田舎の植物や動物に関する研究に変わって、書き記述しスケッチを継続しました。彼女は、「ニューサウスウェールズの記述およびスケッチ」(1844年)を刊行しました。それは、彼女の率直なコメントにシドニーでは、批評家たちを怒らせましたが、本は広く読まれました。「タスマニアの友達および敵対者」(1880年)、「タスマニアの田舎の友達」(1891年)には、その地域の植物や動物達を自ら描いた色付き図譜が記載されています。 彼女は、タスマニアで家族を育てながら、7冊の詩集や数巻の日記や小説を出版しました。彼女の野草の図譜は、オーストラリアと英国の展示で賞を受賞しています。

こちらは、上記の「タスマニアの友人と敵対者」1880年ロンドン刊行です。
結婚後ルィーザ・メレディスになってからの書ですのでメレディス著になっています。

















『小さなバレリーナ』 第60話 最終回

  • 2010.10.17 Sunday
  • 09:50


(59話のつづき)





60話  最終回  64p

彼らは、その後、カーゾン夫妻に振り向くと、長旅の間中、お世話下さったことに感謝を述べました、そして、ナンテに近い彼らのお城へご招待しました。

この親切な友人は、すすんで応じて、エステルのすべらしい家でとっても楽しいひと時を過ごしました、そして、彼らが去る時には、価値ある贈り物をスタンホープ夫妻と家族へ渡しました。

あの長い別れの後にもう一度、安全な幸せな家で彼女を最高に愛する人々とともに過ごす、私達の小さなお友達にここで、さよならをしましょう。


終わり




女皆様、長い間このエステルの物語をお読みいただきましてありがとうございました。

いかかでしたか? なんとこの物語は、『1875年真実に基づいたお話』とあります。家政婦による拉致、ヨーロッパからジャマイカへの船旅と想像を絶する内容でした〜。


では、又のイギリスの古いお話をお楽しみに!!

どんな本読書をご紹介しようかしら?現在、迷い中です。ポロリ




『小さなバレリーナ』 第59話

  • 2010.10.16 Saturday
  • 01:13


(58話のつづき)




59話    63p


『At Home Again – 家に再び』


「わたしたちのところから離れてしまうの?」

と幼いクララは、エステルの正面からキスしながら訊ねました。

「こんなに楽しく一緒にいるのに行ってしまうの?」

子供達は、みんなでエステルにさよならを言うためにまるく囲みました、そして、実際の別れが来た時、多くの涙が流れました。

でも、子供の頃の心は、すぐにその悲嘆から回復するものです。

その旅路は、ほんとうにすべらしいものでした、そして、その楽しい時間のあと、エステルとカーゾン夫妻は、ロンギヴィル夫妻のいるフランスへと歓迎されました、彼らは、船の到着する大きな港で旅行者と会うことを今か今かと待っていたのです。

エステルの両親が失踪した子供が戻ってくることをどんなに感謝の思いか想像してみてください、そして、すべての尊厳のもとですべらしく向上したのです。

彼らの腕は、彼女を迎えるために広げられました、そして、数秒間、彼女は、やさしい抱擁に抱きしめられました。





(59話へつづく)ジョギング



女皆様〜明日は、いよいよ最終話です〜!!

『小さなバレリーナ』 第58話

  • 2010.10.15 Friday
  • 10:08


(57話のつづき)




58話    62p

彼らは、愛するエステルに関するどんなニュースでも集めるように努力していたことが一端にありました、
それは、たいへん不可思議な方法での失踪でした、
彼らは、多少の疑惑をルィーズにかけていました、彼女が計画したのではないかと、しかしながら、ロンギヴィル夫妻の追及にもかかわらず、ルィーズとジュール・ルコーからは、なのも聞き出すことはできなかったのでした。

カーゾン氏と彼の夫人は、スタンホープ夫人の姉妹でした、彼らは、ヨーロッパへの旅の手配をしました、そして親切にもエステルを連れて行ってくれる承諾をしました。

エステルの喜びは、たいへんなものでした。多くは、将来への行いを彼女が作り出した結果でした、
そして、彼らは、すべてが彼女の力だけでは、ありませんでした、でも彼女がそれらを維持することを可能にする謙虚に偉大な神様へ依存する中でのものでした。

私達は、癒される源泉になるために、そしてお父様とお母様に再会できるように信用したからです。



(59話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第57話

  • 2010.10.14 Thursday
  • 15:07


(56話のつづき)




57話    61p


『The Trial and Sentence - 裁判と処分』

その日の裁判では、小さな少女が、たいへん明解に証言をしました、そして、非常に正直な態度でだれもが彼女の証言の信ぴょう性を疑うものは、いませんでした。

一度だけ、彼女の心は、乱されました、それは、彼女を恐怖に震えあがらせるためにジュールの悪意にみちたまなざしを送ったのが原因でした。

しかし、彼女が反対の方向を向き、詳細までも抜け目なく、はらはらとする話を続けました。

刑の告知は、ジュールズが6カ月の投獄と子供の誘拐への同情があってルィーズは3カ月でした。

彼女の刑期が終了するとルィーズは、島を去りました、その後全く彼女についての消息は、ありませんでした。

ジュールズは、投獄中、発熱で死亡しました、それは刑期が終える2カ月前のことでした。

裁判から3カ月後、エステルは、彼女の愛する両親から幸福な手紙の返事を受け取りました、彼女がフランスを去ったときからの非常な生活について書かれた手紙への返事でした。



(58話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第56話

  • 2010.10.13 Wednesday
  • 11:13


(55話のつづき)




56話    60p


エステルのお気に入りは、海の近くの崖の端に座ることでした、でも彼女は、幸福ではないからではありません、みんな彼女にとっても親切にしてくれました、でも彼女は、今では彼女への愛は、倍増し愛する両親との抱擁の時を待っていたのです。

新鮮な空気と親切な言葉、やさしいおもてなし、栄養ある食べ物が、小さな少女のほほをバラ色にしました、そして、彼女は生き生きとしていき、そしてその家のおともだちと一緒にいることで幸せにあふれた表情になりました。

彼女は、みんなに愛されました、彼女のわがままでなく、気建ての良いところからです、天の神様を尊敬した学びと日々の罪の心に対する悔い改める努力の結果からです。

ジュールとルィーズは、キングストンから裁判所のあるサバンナ・ラ・マーへと送られていきました。




(57話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第55話

  • 2010.10.12 Tuesday
  • 00:06


(54話のつづき)




55話    59p

第7章 
 
ジュールとルィーズが罰を受ける – エステルがフランスへ行くためにキングストンを去る - 両親と子供の幸せな再結成


翌日、エステルは、彼女の両親へ手紙を書きました、彼女に身の上に何が起きたのかということと、スタンホープ夫人が、彼らへかわいい子供がフランスへ彼女を送ることができる日までちゃんと保護されていることを保証した数行の文章を付け加えました。

エステルがその返事をもらうのには、多くの時間の経過が必要でした、しかし、やがて彼女は、返事を受け取りました、そして、また、誘拐された子供の母親のように親切にしてくれました夫人にも彼女宛ての返事がきました。

スタンホープ家の子供達は、新しい仲間を喜んでいました、全員一致で愛情をそそぎました、そして、彼らのするゲームにすすんで参加しました。




(56話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第54話

  • 2010.10.11 Monday
  • 10:34


(53話のつづき)




54話    58p

彼女は、しかしながら、なんでも口にすることが困難でした、そして、子供たちと遊びながらうちとけていった後で、そこでやっと、子供達が近くに来て手で口まで食べ物を持ってくと食べることができました。


“私に下さい、
私の心をうつような何かを
愛する何かを
心癒す、
心を留める
愛情のしるしとなるような“



(55話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第53話

  • 2010.10.10 Sunday
  • 11:50


(52話のつづき)




53話    57p


『Delivered at Last – ついに自由になる』


その少女は、たいへんに脅えていて部屋の隅に隠れていました、でもスタンホープ氏は、彼女にとても丁寧に話しました、そして、ホウキの中の秘密に書かれていたメモのことについてやさしく問いました、そして、カーロッタがすべてを話しました。

彼女は、彼女の仮定した新しいキャラクターの衣装を用意することで忙しくしていました、そしてルィーズも同様に手いっぱいでした。

スタンホープ氏は、彼女に帽子をかぶせて人目をさけ、彼の家に連れてきました、
彼女の両親のもとに送る機会がくるまでです。

スタンホープ夫人と子供達は、彼女が、あのエレガントなドレスの小さなバレリーナだとは、全然気がつきませんでした、というのは、彼女は、最も一般的な生地のぼろぼろの服に、巨大なフードのついたコートで覆われていて古風な帽子をかぶっていたからでした。

ドレスのせいでとってもみすぼらしい姿でした、しかし、その子供の声のトーンからは、マナーがあり生まれの良さや、又、気品ある家庭での教育を受けたことがわかりました。

スタンホープ夫人は、彼女の帽子とコートをぬがせて、彼女に飲み物と食べ物をすすめました。



(54話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第52話

  • 2010.10.09 Saturday
  • 10:49


(51話のつづき)




52話    56p


彼が、その告発を聞き、そして警官が法の下に彼を逮捕することを知ると、彼は、暴力的に変わりました、そして、カーロッタ・デ・ヴェールは、私の子供の名前だと主張しました、そして、すべての彼女のメモの内容は、偽りだと主張しました。

その間に大きな群衆ができあがっていました、そして、噂では、この男は、小さな少女を両親から誘拐したばかりでなく、しかも彼女を冷酷に虐待までしていたというものでした、彼らの怒りは、そうとうなものでジュールを馬車で猛スピードで刑務所へと連れりました、群衆による死の危険を回避したのです。

ルィーズは、人々の騒ぎを聞き、道が騒がしいのを聞きました、ドアを閉め、夫以外のだれが来ても無視していました。

しかしながら、最後には、警察のいう通りにするべきだと彼女は、認めていました。


ジュールズがカーロッタの誘拐に手をかした罪で刑務所に送られたと聞いた、彼女の顔色は、大きな困惑と罪の意識で変化しました。

彼女は、逃亡しようと試みましたが、捕まり、すぐに投獄されました。


(53話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第51話

  • 2010.10.08 Friday
  • 09:33


(50話のつづき)




51話    55p


『The Governor’s Inquiries. - 知事の捜査』


「仕事は、あせってはだめだよ、
このような特別の場合に一番良い対処法を考える時間をください」
と、スタンホープ氏は、繰り返しました。

「おぅ、愛するお父様、どうか早くにお願いします」
と、末っ子のクレアが言いました。

この紳士は、すぐに外出して行きました。

途中で、彼は、数人の友人達に会いました、その友人の妻たちも又、小さなバレリーナからホウキを買ったのでした。

知事は、メモの発見についてふれました、彼らの家へ戻り、もしも、他のメモが彼らのホウキの頭の中にもついていないか、確認をお願いしました。

その結果は、すべての場合でほとんど成功していました、その紳士達は、スタンホープ氏に見せるために戻りました。

彼らは、ジュールの小屋へ行くことを決めました、そして、彼女についての誘拐と虐待を追及することにました。

その悪い男は、彼の家の前をうろうろと歩いていました。



(52話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第50話

  • 2010.10.07 Thursday
  • 08:33


(49話のつづき)




50話    54p


”私の父親だと名乗るその男は、実は、そうではありません、本名をジュール・ルコーと言います。

その女は、使用人でした、私の本名は、カーロッタ・デ・ヴェールではありません、エステル・デ・ロンギュヴィルなのです。

私のお父様とお母様は、ナンテの近くに住んでいます。

”どうか哀れな私を、そんな意地悪な人々から御救いください、どなたか、私を救いだし、公の場に出してください。

神様がこのメモを火に近付けてどなたか親切なお方が読んでくださるように神様が応援してくださいますように”

”もっといろいろなことは、この世界では、夢で思うよりお祈りで作り出されている“・・・・・



スタンホープ夫人は、彼女の夫へこのメモを読むようにと促しました。

子供達は、むしろこのかわいい小さなバレリーナの悲しいお話に、とっても興奮しました。

「お父様」ハーバートが言いました、
「あなたは、知事です、お父様ならこの小さな少女をこんな意地悪な生き物の力から自由解放してあげることができます、
一度行って、彼女をここに連れてきてくださいますか?」

「私が走って行って、警察に彼らを取り締まるようにはなしましょうか?」

と、もう一人の子供がたずねました。

「ここにお父様の帽子を用意しましたよ」

3番目の子供が言いました。


(51話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第49話

  • 2010.10.06 Wednesday
  • 09:40


(48話のつづき)




49話    53p


『The Note in the Broom – ホウキについたメモ』


喜びにあふれた行事が続いている朝は、ひとつの出来事を起こすものとなります。

ハーバート・スタンホープは、長男で座って、小さなバレリーナのスケッチを描いていました、その下の子供は、女の子でだいたい8歳ぐらいの年頃で“バイエルン”の歌を歌っていました、他の子は、ホウキのダンスをして、前の晩の小さなホウキを部屋で振り回し“彼女の姉妹の歌のリズムにあわせて”彼女は、踊っていました。

その動きで、メモがはずれました、カーロッタがくくりつけたものです、それは、(ストーブの囲い)フェンダーの中に落ちました、でもその子は、拾い上げませんでした。

そのままにされていたのでした、スタンホープ夫人がその部屋に入り、それがどんな結果になるのかは、彼女取り上げるまでは。


彼女を驚かしたのは、以下のような驚きの内容を読んだからでした、それは –



(50話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第48話

  • 2010.10.05 Tuesday
  • 08:55


(47話のつづき)




48話    52p


小さな子供の運命とともに、彼女は、お祈りの結果とお力を期待して。

そして、一体誰がこのように行動したことでしょう、そして、無駄に見えるのか?

いろんなことが詰まったその夕方は、始めのうちは、彼女は、バイエルンの少女の衣装を身につけて、そして、それらの小さなホウキを指の間に挟んでしっかり持っていました、それは、彼女の救助の道具で、彼女の心拍は、希望で高鳴っていました。

彼女は、たいへん上手に演じました、そして、とっても魅力的に歌を歌いました、彼女が舞台の上で跳びまわると、その時彼女は、熱心な賞賛で迎えられました。

彼女の感情のすばらしい入れ方は、子供がお母様にかわいい小さなホウキを買ってとせがむのを聞いてカーロッタは、感動しました。

女性が一つ買いました、数人の他の客が彼女にならって買い求めました、そしてホウキのすべてが、数分のうちにきれいになくなりました。

そのメモは、あらゆる方角に散っていきました。

スタンホープ夫人は、知事の御婦人でそして、興味を持っていた子供達、そのことは前にも説明しましたが、ホウキを買ってと懇願したその子供達の母親でもあります。



(49話へつづく)ジョギング

『小さなバレリーナ』 第47話

  • 2010.10.04 Monday
  • 09:09


(46話のつづき)




47話    51p


「ねぇ!バイエルンのホウキを買ってくだい、
ほうきを買って、
ほうきを買って、
ねぇ、バイエルンのホウキを買って」


どんな、ホウキなのかしら?
「とっても小さなものだと思うわ」と彼らのお母様が笑いながら言いました。
「それに全然使いものにならないようなホウキ」

ジュールとルィーズにとっての飲み物の習慣は、一杯の“パンチ”でした、そのため、テーブルの上には、頻繁にレモンが置いてありました。

この小さなバレリーナは、レモン一個を盗んで隠しておこうと考えていました、彼女は、独自に彼女の帽子についていた古い羽毛からペンを作り、そして、本からの白い紙を破き取り、ただ、大切なメモを書くチャンスを待つのみでした。

今では、どんな時でも重要なことに違いありません、そして、装った両親が外出中の時、彼女は、計画を練るのを楽しみました。

舞台の衣装が整う数時間前に、彼女は、すべてのホウキの頭にメモをくくりつけました。

彼女は、神様に、メモの中の一枚でも火の近くに落ちて気づかれて読まれるようにとお願いしました。



(48話へつづく)ジョギング

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM