バラの女王ジョゼフィーヌ

  • 2015.09.19 Saturday
  • 09:15


画家ダヴィッドの大作 『ナポレオンの戴冠式』から





きらきら今夜、夜9時から〜
 
TBS「世界ふしぎ発見」
 
タイトルは「ナポレオンの幸運の女神 バラの女王ジョゼフィーヌ」


興味深々、じっくり拝見されていただく予定です〜



 番組の予告サイトはこちです右矢印 青http://www.tbs.co.jp/f-hakken/






 

ルドゥーテ物語 最終話

  • 2009.12.27 Sunday
  • 11:08
(昨日につづく・・・・)





1840年6月19日の夕方、ルドゥーテは、美しい白いユリを描き始めました。
これが、彼の遺作となりました。
81歳に近くなっていました。

彼は、マリー・アントワネット王女と后ジョセフィーヌのために花を描き、
2人の王から賞を授与されました。

彼の絵は、宮殿や美術館のいちばん名誉ある場所で見つかります。
世界一有名な花の絵師です。

私たちは、いつまでもルドゥーテの可憐な絵を見るたびに、后ジョセフィーヌや彼女がマルメゾン宮殿で愛し育てた美しい花々と、やさしい画家が一番愛したものを思いおこすことでしょう。



(終わり)拍手


女いかがでしたでしょうか?
原本ご希望でしたら、ご連絡ください。
又、この時代の絵本のご紹介してみます。
皆様、良いお年を〜。

ルドゥーテ物語 第十八話

  • 2009.12.26 Saturday
  • 10:07
(昨日につづく・・・・)





オリオン伯爵の令嬢マリー・ルイズ女王は、彼の優秀な生徒の一人でした。
ベルギーの王との結婚で国を去る前に彼女は、恩師ルドゥーテに花のブーケを描いてあげました。
ルドゥーテは、ますます有名になり、アメリカからは、鳥を描く名手ジョン・ジェームス・オードヴォンが老いた彼に鳥の絵を見せに会いに行きました。

親切なルドゥーテは、美しい絵を愛する彼の友人たちを紹介し、オードヴォンに彼の花の絵をアメリカに持ち帰るようにプレゼントしました。






(明日につづく・・・・)ジョギング

ルドゥーテ物語 第十七話

  • 2009.12.25 Friday
  • 09:55
(昨日につづく・・・・)





しかしながら后の死によってほとんどの収入と友人を失いました。
しかし花々への熱意から、お金に無関心でした。
貯金なしのルドゥーテは、すぐに借金の生活になりました。
最悪なことに新しいフランスの王は、芸術や科学に無関心で、人が高価な本に感銘するのをいやがりました。
マリー・マルテは、心配しました。





ルドゥーテは、王様や植物学者のものでなく、その時代の芸術愛好者のために最も美しい花やフルーツのブーケを描くことを告げました。

そして、パリのおしゃれなご婦人たちに、花の描き方を教えました。
ルドゥーテは、ご婦人たちに
「花々は、地球の星であり、やさしさや愛とともにみちびかれるもの」
と言いました。


(明日につづく・・・・)ジョギング

ルドゥーテ物語 第十六話

  • 2009.12.24 Thursday
  • 13:51
(昨日につづく・・・)





ある日、マルメゾン宮殿のすべての人々が悲しみと心配にくれました。
后ジョセフィーヌの病気です。
彼女は、ルドゥーテを呼びましたが、のどの病気がうつるのを恐れて近くに寄らないようにいいました。
2日後、ジョセフィーヌは、亡くなりました。ルドゥーテは、深い悲しみに嘆きました。





ルドゥーテは、彼の悲しみを、バラを描き続けることに専念して癒してゆきました。
7年間を費やした本は、彼の最高傑作となりました。
人々は、ルドゥーテを「バラのレンブラント」、「バラのラファエロ」と賞賛しました。



(明日につづく・・・・・)ジョギング

ルドゥーテ物語 第十五話

  • 2009.12.23 Wednesday
  • 09:12
(昨日につづく・・・・)




ジョセフィーヌとナポレオンには、彼らの子供がいませんでした。
子供が欲しかった皇帝は、ジョセフィーヌと離婚しました。
彼女のこの悲しみは、彼女が常に愛したバラたちに向きました。
見かねたルドゥーテは、運命的に新しいバラの本の刊行を誓いました。






ルドゥーテの家族や友人達は、彼の探し求めるあらゆるバラの種類を手分けして探しました。
中には、いままで名のないものさえありました。
それらには、良き友である、ムシュー・エリティエや后ジョセフィーヌの名を付けました。
ルドゥーテ本人の名をつけたバラもありました。



(明日につづく・・・・)ジョギング

ルドゥーテ物語 第十四話

  • 2009.12.22 Tuesday
  • 10:52
(昨日につづく・・・・)



ナポレオンとジョセフィーヌは、ルドゥーテの本をヨーロッパ全土の王様や女王様達、図書館、博物館に進呈しました。
先々で、人々にフランスの栄光の芸術と科学を見ていただきたかったからです。




そして、ナポレオンとジョセフィーヌがフランスの皇帝、后に即位した際にルドゥーテを公式の植物画家として任命しました。
この地位の時期は、たいへん良い給料と彼自身の庭園と木々が与えられました。
ルドゥーテは、マリー・アントワネットには、使用人でしたが、后ジョセフィーヌにとっては、友人になりました。


(明日につづく・・・・)ジョギング

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ 宅配寿司 銀のさら

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM